<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
icon1.gif icon2.gif icon1.gif スポンサーサイト icon1.gif icon2.gif icon1.gif

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | - |
icon1.gif icon2.gif icon1.gif ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 icon1.gif icon2.gif icon1.gif

hp

世界一有名な魔法使いの映画を観てきました。
「ハリー・ポッター」シリーズ第5作目の「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」。公開は今週末の7/21(土)からですが、先週末の3連休で先行上映が行われました。

映画が好きで、以前は頻繁に映画館に足を運んでた私ですが、最近は趣味が増えちゃってめっきり映画館に行かなくなりました。
それでも、家でスカパーの映画チャンネルを見たり、好きな映画のDVDを買い集めたりしてたんだけど、サッカーをやるようになってからは映画のDVDも買わなくなり、スカパーももっぱらサッカー観戦のみ(^_^;)
あ〜あ、映画離れしちゃってるなぁ。

そんな私ですが、「ハリー・ポッター」だけは見逃すわけにいきません!
1作目、2作目の時には、ハリウッドのハロウィーンコスチュームのショップから取り寄せたホグワーツの制服を子供たちに着せて先行上映に行ったおバカさんですから(笑)

続きを読む >>



12:42 | comments(2) | - |
icon1.gif icon2.gif icon1.gif やめときゃ良かった… icon1.gif icon2.gif icon1.gif

昨日は水曜日。
毎週水曜日はお仕事お休みで、私にとっての”癒しデー”。
昨日は英会話の授業もお休みだったので、久しぶりに映画を見に行こうと決めていた。英語やサッカーを始める前は映画鑑賞が一番の趣味だったので、毎週水曜日は映画デーだった。
少なくとも月に2回、多い時は毎週映画館に通ってたので、大抵の映画は映画館でみていたものだ。それが、英会話やサッカーを始めてから忙しくなっちゃって、一番最近映画館で見た映画を聞かれても「う〜ん、覚えてない(>_<)」ってくらい、映画館から足が遠ざかってる(^_^;)
ホントに何だったかな?(^_^;)

てなわけで久々の映画鑑賞。
娯楽映画やB級映画が好きなので、今上映されてる映画の中で見るなら、やっぱ「スパイダーマン」か「スモーキン・エース」ってとこだなぁ…などと思いつつ、実は気になってたのが「バベル」。渡辺謙に続いてアカデミー賞にノミネートされた菊池凛子の演技も見てみたかったし、B級ばっか見てるとホントに頭が空っぽになりそうで、「大人なんだから、たまにはこういう重いテーマの映画も見なきゃダメかも」…ってな事もちょっと思ったりして。

続きを読む >>



10:03 | comments(4) | - |
icon1.gif icon2.gif icon1.gif ハリー・ポッターを見てきました!! icon1.gif icon2.gif icon1.gif

待ちに待ったハリー・ポッターシリーズの新作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を、一足お先に先行上映で見てきました。今回初めてのイギリス人監督とのことで、確かに今までとはちょっと違った感じに仕上がっていました。
ただし、やっぱり原作を読んでいるとどうしても映画の最中、「あのエピソードがないじゃん」とか、「え?そのエピソードはそれだけ?」と思ってしまう箇所が多くて残念です。
まあ毎回の事だし、本の内容を全て忠実に…というのは無理な話なんですけどね。
特に、クイディッチワールドカップの場面はもっと見たかったなぁ〜と思いました。
それにしても、みんなホントに大きくなっちゃいましたね。
1作目の時はみんな丸まるしててかわいかったのになぁ(笑)

ちなみに前作の「アズカバン…」を見た時より飛躍的に私のヒアリング力が上がってる事を、今回の映画で実感しました(笑)
字幕がなくても8割方言ってる事は理解できました。
ただ、ダンブルドア先生がちょっと難しい事言ってたり、ちょっと長くしゃっべたりしてるシーンはほとんどわからなかったんですけどね(^_^;)

ところで今回私は、この映画を見に行くにあたって、大ボケをかましてしまいました。

続きを読む >>



21:20 | comments(0) | trackbacks(2) |
icon1.gif icon2.gif icon1.gif Domino icon1.gif icon2.gif icon1.gif

dominoここんとこ仕事が忙しく、好きな映画もろくに見に行けてなくてストレスはたまる一方。その上さらに子供の空手だ、サッカーだと頭を悩まされる事も多く、ほんと凹みがちだった私…。
がしかし…、明るいのと元気なのだけが取り柄の私がこんなんじゃいかん!!ってことで、今日は久しぶりに映画を見に行ってきました。
ジョニー・デップファンの私がまだ「チャーリーとチョコレート工場」を見ていないので、「やっぱ見るならチャーリーかなぁ」と思っていたのですが、なんだかここんとこのむしゃくしゃした気分をぶち壊してくれるような、そんなハードなぶっとんだ映画の方がいいなぁなんて思い立ち、
そして選んだのがコレ…。

Domino

監督は「トップガン」や「エネミー・オブ・アメリカ」で有名なトニー・スコット。言うまでもなく、巨匠リドリー・スコットの弟です。そして主演のドミノ・ハーヴェイ役には、「パイレーツ・オブ・カリビアン」でヒロインを演じて一躍有名になった若手女優キーラ・ナイトレイ。
正直言って、今まで「ラブ.アクチュアリー」や「パイレーツ・オブ・カリビアン」「ベッカムに恋して」などで彼女を見てきましたが、ナタリー・ポートマンとウィノナ・ライダーに顔がそっくり…という程度のイメージしかなく、私の中ではあまりぱっとしない女優さんでありました。

ところが、ところが、彼女はそんな「フツーの女優」イメージを打破するがごとく、この「Domino」では超ハードな役に挑戦し、堂々とした演技を見せています。そもそも、この主人公のドミノ・ハーヴェイという女性。実在した女性バウンティ・ハンター(賞金稼ぎ)です。賞金稼ぎって言われたって、日本じゃあまりピンと来ませんよね?私も「実在したって言ったって、西部劇かなんかの昔のお話でしょ」と思っておりました。
ところがこの人、調べてみたら私と同じ歳で、今年の5月まで健在だったのです。つまり、この映画を作っていた間は本物の彼女も実在していたと言う事です。今年の5月、この映画の完成直後に自宅で遺体で発見されたそうですが、死因などは謎に包まれたままなのだとか…。
もうね、こんな情報をネットで見ちゃったらね、そりゃもう映画を見ずにはいられませんよ。
私が生まれた同じ歳に生まれ、同じ時代を生きてきた女性が歩んだ普通じゃない人生。まさに私の今のうじうじした生活をぶっ飛ばすには最適な映画だと感じました。

で…、感想はと言うと…。

続きを読む >>



23:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
icon1.gif icon2.gif icon1.gif いま、会いにゆきます icon1.gif icon2.gif icon1.gif

いま、会いにゆきます スタンダード・エディションとうとう見ました。
「いま、会いにゆきます」
映画館で公開されていた頃、一足先に観に行ったパパが「これは絶対に見た方がいい!いいや、絶対に見るべきだ!」と大絶賛!
基本的に邦画は見ない私ですが、その前に「セカチュー」でかなりやられちゃったので、まあそこまで言うなら観に行ってもやってもいいかぁなどと思っておりました。
が、しかし…、その後パパがぽろっとこぼした「それにしても竹内結子はフェミニンだよなぁ」」という一言で、私の気分は一転。
そこかよ!そこなのかよ!
…ってなわけで、結局劇場には行かずじまいとなった訳です。

とは言え、世間では「いま会い」などと呼ばれてえらく絶賛されてるご様子。おまけに中村獅童と竹内結子もホントに結婚しちゃったりなんかして、さらに話題集中な感じ。
そんなにいいの?主演の二人がホントに恋しちゃうくらいいい訳?
だけど私の中で中村獅童は「新選組の捨助」のイメージが抜けてない(^_^;)
そんな彼がフェミニンな竹内結子と純愛を演じるなんて、見てるうちに絶対「そこ!そこでぼけてよ!」って期待してしまいそうな自分が見え見え。
そもそも、「純愛ストーリー」は苦手なんです、私。
と言いつつ、「セカチュー」ではこれでもかって位泣いたけどね(笑)

続きを読む >>



17:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
icon1.gif icon2.gif icon1.gif Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith icon1.gif icon2.gif icon1.gif

starwars今週水曜日に必死でチケット取った「Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith」の先々行上映に、今日行ってきました。
旧3部作ではダース・ベイダーが圧倒的に好きな私ですが、若かりし頃のアナキンーすなわちヘイデン・クリステンセンはあまり好きじゃありません。
が、しかし…、アナキンが私の好きなベイダー卿に至るまでの重要な章となる今回、彼は前作までの彼とは違っていました。存在感が増し、ベイダー卿となるまでの苦しみや悲しみをとてもリアルに演じていたと思います。
結構ダークで、かなり重かったです。

この映画の場合、旧3部作につながる一番最後の章なので、「ネタバレ」に相当するような出来事は特になく、最後の数十分などは完全にエピソード4につなげる為のシーンが続きます。
それでも、懐かしいタトウィーンの風景が出てきたり、「あ〜、なるほどそういう事だったのね」と小さな疑問が明らかになったりして、そういう意味では「スターウォーズシリーズが全部つながった」という満足感を得られた映画となりました。
ただし、個人的には新3部作の中ではやっぱりエピソード1が一番好きです。なぜかいつも「暗黒面」キャラ好きな私は、ダース・ベイダーと同じくらいダース・モールが好きなので…(笑)
ダース・モールの闘いのシーンは何度見ても興奮します。
最後にオビ=ワンにやられて死んだ時は、「いいや、決して死んでない。あんなに素晴らしいキャラはエピソード2で絶対に復活してるはず」と信じて疑いませんでした(笑)



↑おいしいベーグルはこちら

続きを読む >>



23:04 | comments(2) | trackbacks(0) |
flickr
1 2
3 4
5 6
7 8
9 10
GIANT KILLING(19) (モーニング KC)
GIANT KILLING(19) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
ツジトモ
サッカー好きなら読むべし
よつばと! 10 (電撃コミックス)
よつばと! 10 (電撃コミックス) (JUGEMレビュー »)
あずま きよひこ
今ハマってる癒し系マンガ