<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
icon1.gif icon2.gif icon1.gif スポンサーサイト icon1.gif icon2.gif icon1.gif

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | - |
icon1.gif icon2.gif icon1.gif KILL BILL Vol.2 icon1.gif icon2.gif icon1.gif

キル・ビル Vol.2
KILL BILL Vol.2(2004/米)

監督
クエンティン・タランティーノ

キャスト
ユマ・サーマン、ダリル・ハンナ、
デビット・キャラダイン、
ゴードン・リウ、マイケル・マドセン

結婚式当日に仲間の暗殺団に襲撃され、暗殺団のボスでかつての恋人BILLから頭に銃弾を打ち込まれたザ・ブライド。4年間の長い眠りから奇跡的に目覚めた彼女は、殺しのリストを持って復讐の旅に出た。Vol.1では主婦として家族と平穏に暮らすヴァニータ・グリーンを殺し、更に日本のヤクザ界に女王として君臨するオーレン・イシイを死闘の末に倒す。残るターゲットは3人。エル・ドライバー、バド、そしてビル。
ザ・ブライドは、テキサスの荒野に向かっていた。

殺しは愛…。
見事なまでにタランティーノを象徴しているこのキャッチコピーに、なんだかとても感動した私(笑)

観てきました、KILL BILL Vol.2。
Vol.1でタランティーノの狂気の世界にすっかり魅了された私。
主役のザ・ブライド(ユマ・サーマン)と同じ黄色いライダースーツを、真剣に欲しいと思ったくらいはまりました。タランティーノ作品と言えば、お約束のバイオレンス。今までこの人は映画の中で何人の人を殺したんだろう?ってな位に、過激な監督なのであります。んでこの人、バイオレンスをお得意としてるだけに、見ていてほんとに痛い。殴られても平気で立ち上がってまた闘う、みたいなウソ臭いファイティングじゃなくて、ほんとにもう「死ぬか生きるか!」みたいな壮絶なバトルを目の当たりにするのです。とは言え、この時代に日本刀で闘ってる辺りは超ウソ臭いけどさ(笑)
それにしても、今回も美しかったです、ユマ・サーマン。
2児の母とは思えないスラッとしたルックス。今回の役にぴったりな芯の強そうな目鼻立ち。日本刀かついで歩かせたらこの人の他に似合う人はいない!って位、服部半蔵ソードが体の一部のようになってました(笑)

それにしても、超映画オタクのタランティーノが作ったこのKILL BILL シリーズは、タランティーノがこよなく愛する映画監督や作品、キャラや俳優達へのリスペクトなのか?それとも単なるパクリなのか、とてもとても微妙な所です(笑)中学生の頃音楽の授業で「作詞をしよう」という課題があって、当時流行っていた歌謡曲のかっこいいフレーズだけを集めて作ってきた男の子がいて、「おいおい、それどっかで聞いた事あるぞ」と思いつつ、なんかすっごいかっこいい歌詞になってて驚かされた事を思い出した(笑)
KILL BILLもある意味それに近い。このキャラどっかで見たぞ、このシーンはあの映画のパクり?と思いつつも、タランティーノの手にかかると全く新しい、めちゃめちゃかっこいい作品になってるから不思議。
一見はちゃめちゃに見えるこの映画だけど、その裏には映画をこよなく愛するタランティーノの並々ならぬ努力と知識と、持って生まれた才能が詰め込まれた作品なのだと思う。
彼こそがNtural Born directorだ!(笑)

しかし…、腑に落ちない点が何点か…。
これってもしかしてVol.3もあるの??と思ったのは私だけだろうか…?



10:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
icon1.gif icon2.gif icon1.gif スポンサーサイト icon1.gif icon2.gif icon1.gif



10:11 | - | - |









http://five.jugem.cc/trackback/156
flickr
1 2
3 4
5 6
7 8
9 10
GIANT KILLING(19) (モーニング KC)
GIANT KILLING(19) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
ツジトモ
サッカー好きなら読むべし
よつばと! 10 (電撃コミックス)
よつばと! 10 (電撃コミックス) (JUGEMレビュー »)
あずま きよひこ
今ハマってる癒し系マンガ