<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
icon1.gif icon2.gif icon1.gif スポンサーサイト icon1.gif icon2.gif icon1.gif

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | - |
icon1.gif icon2.gif icon1.gif ロード・オブ・ザ・リング王の帰還 icon1.gif icon2.gif icon1.gif

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 コレクターズ・エディション
ロード・オブ・ザ・リング王の帰還(2004/米)

監督
ピーター・ジャクソン

キャスト
イライジャ・ウッド、イアン・マッケラン、ヴィゴ・モーテンセン、オーランド・ブルーム、ビリー・ボイド、ドミニク・モナハン、ショーン・アスティン ほか

J・R・R・トールキンの指輪物語を映画化したシリーズ3部作の完結編。前作「二つの塔」で、ばらばらになってしまった仲間達。フロドとサムはゴラムとともにモルドールの地を目指し、アラゴルン、レゴラス、ギムリはオークに連れ去られたメリーとピピンを追っていた。

首を長〜くして公開を待った「王の帰還」。先行上映で見に行ったにも関わらず、見事なまでに最後を飾ったこの作品の素晴らしさに圧倒され、今まで感想を書くことすらできずにいた(^_^;)映画を振り返ってみようと思うと、しばし映画の中にトリップして放心状態になってしまうのだ。正直、「旅の仲間」「二つの塔」と予想以上の物を見せられて「王の帰還」にはさらに期待をふくらませていたので、期待し過ぎて肩透かしをくうんじゃないか、と不安に感じていた私。しかし、そんな事はありませんでした。さすがはピーター・ジャクソン。今作は、トールキンのこの大作の最後を飾るにふさわしい傑作です。

中でも特に感動したのは、ゴンドールの白い塔。原作を読んだ時に頭の中で漠然と作り上げていたイメージを打ち壊されたように感じつつも、「あれが本当のゴンドールだ」となぜかものすごく感動した。魔法使いのガンダルフが大好きな私は、ゴンドールの細い坂道をガンダルフが白馬に乗って駆け回るシーンが一番好きだ。なぜか、ガンダルフが白馬に乗って登場する度に泣ける(笑)「3作目はあんまり泣けなかった」などと言った友達がいたけど、「今まで彼らの一体何を見て来たんだ?」と叫びたかった。旅は最初からずっと続いてるんだから!今までのフロドの、アラゴルンの、ガンダルフの、全ての仲間の苦労を思い出しながら観たらもう、「王の帰還」では泣きっぱなしの私でした(^_^;)

第76回アカデミー賞では、作品賞以下、史上初最多の11部門で受賞。当然です!全9巻の原作を読んだ時は、「これを映像化するのは無理だって!」「三流のファンタジー映画になるくらいなら、映像化はやめてくれ!」と激しく思ったけど…(笑)この「ロード・オブ・ザ・リングシリーズ」は、洋画にはまるキッカケとなった「スター・ウォーズ前3部作」と並び、私に取って特別な作品となりました。



10:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
icon1.gif icon2.gif icon1.gif スポンサーサイト icon1.gif icon2.gif icon1.gif



10:03 | - | - |









http://five.jugem.cc/trackback/164
flickr
1 2
3 4
5 6
7 8
9 10
GIANT KILLING(19) (モーニング KC)
GIANT KILLING(19) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
ツジトモ
サッカー好きなら読むべし
よつばと! 10 (電撃コミックス)
よつばと! 10 (電撃コミックス) (JUGEMレビュー »)
あずま きよひこ
今ハマってる癒し系マンガ