<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
icon1.gif icon2.gif icon1.gif スポンサーサイト icon1.gif icon2.gif icon1.gif

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | - |
icon1.gif icon2.gif icon1.gif Ocean's 12(2005年/米) icon1.gif icon2.gif icon1.gif

オーシャンズ12OCEAN'S TWELVE
監督/スティーブン・ソダーバーグ
キャスト/ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピッド、マット・デイモン、ジュリア・ロバーツ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アンディ・ガルシアほか

ベネディクト(アンディ・ガルシア)の金庫破りから3年半。やつらがまた戻ってきた。執念深いベネディクトに執拗に追い回され、命の危険を感じた11人はまた再集結する。
そして彼らはベネディクトから奪った金を返すため、再び大仕事をする決意をし一路ヨーロッパへ。しかし彼らの計画は、フランスの怪盗「ナイト・フォックス」に邪魔される。同じころ、ユーロ・ポールの敏腕刑事イザベル(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)も、オーシャンズ11の追跡を始めていた…。

言わずと知れた、前作「オーシャンズ11」の続編。
「オーシャンズ〜」に限らず、賛否両論はっきりわかれるソダーバーグ作品。今回も、思いっきりソダーバーグっぽい映画でした。なんというか、仲良し俳優だけ集めて、自分達だけ楽しんでる感のある…(笑)。
それを、「なんだかその仲良し俳優の仲間になった気分で楽しめる」と思える人には向いてる映画です。キャストの顔ぶれもゴージャスだし、前回同様サントラや映像はお洒落でカッコイイ!ただし、内輪ネタにイラッときて「内輪受けする映画作ってんじゃね〜よ!」と思ってしまう人にはあまりおすすめできません(笑)。

で、私はどちらかと言うと…、結構好きです。
ダニー(ジョージ・クルーニー)が「自分はいくつに見えるのか?」としきりに年を気にする所や、ライナス(マット・デイモン)が自分の力を認めて欲しいとダニーやラスティー(ブラッド・ピッド)に一生懸命アピールする所は、実際の俳優の性格や力関係を表しているようで結構笑えました。

また、前作「オーシャンズ11」のサントラはセンスが良く、DVD買わなかった私もサントラ盤は買いましたが、今回も全編に渡ってBGMがカッコ良かった!映像のセンスの良さは前回よりも更にアップしていて、ところどころミュージッククリップッを見ているかのような印象でした。ソダーバーグのこういう所は「才能あるなぁ」と思います。
ただし、この監督の映画って必ずと言っていい程、中盤にだらだらとした部分があるんですよね。後半にストーリーを急展開させるための作戦かなぁとも思うのですが、一緒に見に行った私の母は中盤熟睡してました(^_^;)

てなわけで、この映画の見どころは、豪華なキャストとお洒落な映像と音楽…と言う所でしょうか?ストーリーはまあ面白かったけど、「すっげ〜よ〜。これ!」と騒ぐ程のものでもありません(笑)。
ソダーバーグ作品の中でランク付けするとすれば、「トラフィック」「エリン・ブロコビッチ」「ソラリス」の次当たりかな?(ソダーバーグの全作品は見てないけど…)前作「オーシャンズ11」よりは面白かったです。
好きな俳優が出ていれば見に行ってもいいかも。
ちなみに、ヴァンサン・カッセルお茶目で可愛かったです(笑)



11:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
icon1.gif icon2.gif icon1.gif スポンサーサイト icon1.gif icon2.gif icon1.gif



11:20 | - | - |









http://five.jugem.cc/trackback/262
flickr
1 2
3 4
5 6
7 8
9 10
GIANT KILLING(19) (モーニング KC)
GIANT KILLING(19) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
ツジトモ
サッカー好きなら読むべし
よつばと! 10 (電撃コミックス)
よつばと! 10 (電撃コミックス) (JUGEMレビュー »)
あずま きよひこ
今ハマってる癒し系マンガ