<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
icon1.gif icon2.gif icon1.gif スポンサーサイト icon1.gif icon2.gif icon1.gif

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | - |
icon1.gif icon2.gif icon1.gif CHICAGO icon1.gif icon2.gif icon1.gif

シカゴ スペシャルエディションCHICAGO(2002/米)
監督 ロブ・マーシャル

キャスト
レニー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、リチャード・ギア、クイーン・ラティファ、ジョン・C・ライリー、ルーシー・リュー

アカデミー賞で13部門にノミネートされ、作品賞、助演女優賞(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)を含む6部門を制覇。
1920年代のシカゴ、スターを夢見ながらも殺人をおかしてしまう2人のダンサーと、名声を思いのままにあやつる弁護士のストーリーをミュージカルで描く。

レニー・ゼルウィガーは、今まで観た映画の中ではいつも気弱だったり、人の良さそうな役回りが多かったが、この映画ではしたたかな悪女を演じている。今まで特に演技派だとは思わなかったが、ロキシーを演じたレニー・ゼルウィガーを見てその考えは変わった。
レニー、キャサリンの歌って踊るシーンは圧巻!歌も踊りも吹替えなしとは思えないくらい、美しく迫力があり素晴らしい。リチャード・ギアやジョン・C・ライリーが歌って踊るシーンもあって、こちらも見逃せない。堕落した女看守長ママ・モートン役のクイーン・ラティファはグラミー賞受賞歴もある女性ラッパ−兼女優で、今回のアカデミー賞ではキャサリン・ゼタ=ジョーンズとともに助演女優賞にノミネートされていた。ラッパーである彼女のミュージカルシーンも見ものだ。
この映画は絶対に劇場で見るべき!大スクリーンで、シカゴのクラブにいるかのような臨場感を味わって観て欲しいと思う。


おすすめ度/★★★★★



23:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
icon1.gif icon2.gif icon1.gif スポンサーサイト icon1.gif icon2.gif icon1.gif



23:16 | - | - |









http://five.jugem.cc/trackback/31
flickr
1 2
3 4
5 6
7 8
9 10
GIANT KILLING(19) (モーニング KC)
GIANT KILLING(19) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
ツジトモ
サッカー好きなら読むべし
よつばと! 10 (電撃コミックス)
よつばと! 10 (電撃コミックス) (JUGEMレビュー »)
あずま きよひこ
今ハマってる癒し系マンガ